大嫌いな義母の話

結婚する前から嫌な予感がしてたんだ。

 

 

 

結婚式のカラードレス選びの時に、

 

『あなたは似合う色と好きな色は違うってことがわかってないのよね。』義母に言われた。

 

…ん?私が好きな色を着て何が悪い。そもそもなぜ言われなきゃいけない。

 

しまいには、私が彼のことを義母に『息子さん』と言ったことに腹を立てて、結婚式に出ないとまで言いだした。

 

ま、結局そういう奴ほどそんなことはしないんだけどね。旦那も旦那で、義母に言われたら反抗できない。

 

 

 

このマザコン男が!

 

 

 

無事?結婚式を終えて、初めての年末年始。

 

私は年末で会社を辞め、旦那のいるところへ引っ越す予定にしていた。

 

 

 

だがしかし、辞める直前まで引き継ぎ等でバタバタして頑張りすぎたのか、大晦日に具合が悪くなり病院へ。

 

 

 

『あー、インフルエンザにかかってますね。』と医者に言われた。

 

義母が嫌いな私は、

 

『ラッキー!旦那の実家に帰らずに済む!』

 

と思っていた私は、義実家に

 

『あの?、大変申し訳ないのですが、インフルエンザにかかってしまったので、年始に伺えそうにありません。』と表面上可愛らしい嫁を演じながら伝えた。

 

 

 

すると、義母は

 

『あ、そう。じゃあ、息子にかかったら大変だから今日にでもうちへ帰してください。』

 

 

 

…はぁー!?

 

わけわからん。私、インフルエンザって言いましたよね?熱あってキツイんです。私の心配しなくてもいいけど、息子にかかるから帰してって。マジむかついたわー!

 

インフルエンザで1人年越ししろって?

 

この人でなしババァめ!

 

 

 

そしてこの正月は1日から1人で過ごしました。

 

結婚早々、後悔したことは言うまでもありません。