MENU

自分には甘く、他人にはとことん厳しいタイプの人間はなぜ周囲の空気を読めないのか、不思議です。

 

誰にだって欠点はありますし、不慣れなことには戸惑います。そのことについて、自分ならこうする、自分ならこんなお粗末な結果にはならないなどと、よくもまぁ上から目線で言えるものです。

 

そんなタイプの人間は概ね、周囲から嫌われています。誰だってそうでしょう。面倒なのです。

 

自分本位の人間は自分が一番かわいくて大切なので仕方のないことなのかもしれませんが、成人し、社会のいろはを知った人間であるならば改めて欲しいところです。

 

言いたいことは自分の気がすむまで言い尽くすくせに、反論があるとなると一気にシャットダウン。一言も聞こうとはしなくなるのです。これには呆れました。

 

言いたいことだけを言い、相手からの言葉や論理は一切聞かないというのは人間的にも道徳的にも首を傾げずにはいられません。それでいて自分には非がないと思っているので、とことん、おめでたいのだなと思います。

 

確かに周囲に合わせてばかりいては自分が疲れる結果となりますが、周囲が自分に合わせてくれるだろうという考えが見え見えの人間にはなりたくありません。実際に敵が多いようですが、それすら気にしないようなので羨ましい限りです。