MENU

この前の節分は近くの神社で豆まきを体験してきましたー。その神社が大盤振る舞いで、豆の袋の中にくじが入っていて、大の大人がみんな必死になって豆をゲットしようと、必死でした。

 

 

 

面白そうだったので私も参加しょうと、子供と一緒に列に並びましたが、中々私達のいるところまで豆が飛んでこず、子供が泣き出したんです。「なんで、大人が全部取っちゃうの?」って。(笑)

 

 

 

気まずくなって列を抜けようとした時に優しいおじさんが、「子供は社務所でお菓子と豆がもらえるよ」と教えてくれました。

 

 

 

子供は浮かれて社務所にダッシュです。

 

 

 

社務所にはすでに子供達の長蛇の列が。どうやらくじを引いて、お菓子やおもちゃがもらえる様になっているみたいで、子供は大喜び。わくわくでクジを引き、大当たり。大きめのお菓子の袋をもらい、小さい豆の袋がおまけみたいに見えました(笑)

 

 

 

ふと、横を見ると今度は大人達が長蛇の列を作っていました。先ほどの豆まきで、くじで当たった人達の列でした。お味噌や、醤油。ボックスティッシュや、サランラップなどをかかえた人がぞろぞろ歩いていたので、どうやら景品は日曜雑貨だった様です。

 

 

 

帰りに余ったお守りの鈴を子供が神社の方から貰っていたのでこの神社は大盤振る舞いだなぁー。と思いました。又、来年も行っちゃおうかなーって思いました。